アイキャッチ

先輩・小平奈緒さんの引退レースに見る「自分の生き様を表現する」こと ふ〜こらむ vol.18

2022.11.06

選手プロフィールはこちら

梅川風子

チーム楽天Kドリームス所属、梅川風子選手によるコラムVol.18をお届けします!世界選手権が終わり、競技はオフシーズンに。帰国後すぐの参戦となった青森ミッドナイトの話や、オフ中に足を運んだスピードスケート・小平奈緒さんの姿について綴っていただきました。

梅川風子プロフィール

梅川風子

短距離種目選手。2017年デビューの東京112期。幼少期からスピードスケートを行なっており、大学時代には全日本学生選手権で優勝した実力の持ち主。

前回(Vol.17)はこちらから

青森のミッドナイト競輪に参戦してきました

世界選手権が終わって2週間のトレーニングオフがあり、その間に青森競輪でミッドナイト競輪に参戦してきました。

ナショナルチームに入ると、国際レース優先のために競輪開催は月0本〜1本に調整されたりします。
なかなか競輪を走る機会がない中ですが、世界選手権を終えて競技はオフシーズンに突入です。
競輪を走ってきました!
そして12月は2本走れる事となりました!
名古屋と立川です。応援きてね(笑)

そんなわけでお久しぶりな青森&ミッドナイト。

……そうよ!
宿舎のご飯美味しい!(笑)

大きな声では言えないのですが、東京近郊の競輪場は宿舎のご飯があまり美味しくないところが多いのです。でも少し遠征すれば美味しい競輪場は沢山あります。
青森は焼き魚はどれも美味しくて、ギンダラなんかもありました。
青森のおばちゃんたちが漬けてくれた、日替わりの手作り漬物なんかもででてきます。
夕飯はレース前なのであまりガツガツと食べれないのが残念でしたが、体に重すぎない食事で良かったですね〜

オールスター競輪

ちなみに、私のミッドナイト対策は
朝ご飯を9時頃食べて、
16時30に夕食を食べて、
21時にレースして、ヨーグルトを食べて、
23時30にはおやすみなさい!
っていう1日2食体制。

これは同期の大久保花梨から教えてもらった過ごし方で、やってみたらかなり過ごしやすかったので取り入れました。
もちろん途中にちょくちょく補食は入れますけどね。

1日2食で過ごしている選手もいますし、ミッドナイトは23:30〜食堂で夜食を用意してくれているので、食べに行ってから休む選手もいます。お腹空いて寝れないのも分かりますよね〜
あとミッドナイトは基本寒いので、温かいものを胃に入れて休みたいって気持ちも分かります!
選手それぞれ自己管理でやっている競輪なので、過ごし方ややり方は人それぞれ。沢山のプランを練られる、それがとってもいいところな競輪開催です。

最後に食堂にごちそうさまでしたと挨拶に行ったら食堂のおばちゃんが
「無事にね」とレースに送り出してくれました。
色んな選手を見ているおばちゃんの、重くて温かい言葉でした。

小平奈緒さんの引退レース

ふ〜こらむ

今回のオフ中に、スピードスケートの小平奈緒さんの引退レースがあり、目に焼きつけておこうと現地に足を運びました。
奈緒さんは地元が同じ。私が小学生で周りのスケート選手を見渡し始めるようになった頃、スーパー中学生として活躍している雲の上の選手でした。
話しかけるタイミングや理由も見つけられないまま22歳になり(先輩に話しかけるなど言語道断な時代を過ごしていたため(笑))、
同じ合宿に参加してようやく話しかけることができました。
結果、全然怖くありませんでした(笑)

スケート技術を少しでも教えてもらいたいと、練習後に聞きに行ったり、後ろを滑ったり、体の使い方はどうか、あれこれ聞きにいったり……まるでインタビュアーかよと言うほど質問していたような気もします。
でも一朝一夕で速くなる訳でも、何かが変わるわけでもないので、もっと近くでトレーニングを学びたかったなぁと今も思います。

今はスケートから離れて、ガールズケイリンや自転車競技を始めた私ですが「自分で選んだ道だよ」「自分を裏切らないで」と割と厳し目にいつも見守ってくれる存在でもあります。

ふ〜こらむ

今回の引退レースでは沢山のメディアがその姿を撮っているので、テレビやネットでその姿を綺麗に鮮明に見る事はできます。

でもあの日の満員の会場の息づかい、スタートの号砲が鳴る前に全員が息を止めて見守った瞬間……今でもこちらがドキドキして手が冷たくなるような、張り詰めた空気がありました。

「その一瞬のために過ごす」って、これからの私自身にも重なって、すごく怖いような気もしました。

でも自分の生き様を表現するって何なのか、速さを競い合う種目だからこそ、そこだけじゃない人としての深みって何だろう、生き様ってなんだろう……と考えるきっかけをくれた選手です。
「速さも強さも大事、でもそんなんじゃない」って言い切った姿は凛々しかったですよね。

一瞬一瞬を噛み締めて

ふ〜こらむ

オフ中はお母さんとサイクリングに

2週間のオフが終わって、トレーニングが再開されました。
今年は2月からネーションズカップシリーズ
8月に世界選手権……と、オリンピックの前年のシーズンなので慌ただしいです。

そう、、もう8月にこないだ終わった世界選手権がきてしまいます。

奈緒さんのように一瞬一瞬を噛み締めて、私も8月の世界選手権にまた向かって行きたいと思います!!

最後に、青森のミッドナイト夜遅くまで応援してくれて車券買ってくれたみなさん、ありがとうございました!!

NEWS

COLUMN