内野艶和

3個の金メダルを持ち帰った、内野艶和のアジア選手権/チーム楽天Kドリームス定点観測

2022.07.22

インド・ニューデリーにて6月18日〜22日の日程で開催された「アジア選手権トラック2022」。チーム楽天Kドリームスから出場した内野艶和選手は、オムニアム・マディソンの全3種目で金メダルを獲得。

選手たちの「今」をお届けする「定点観測インタビュー」。エリートクラスでのアジア選手権初出場で金メダルを獲得した内野選手に、レースを振り返っていただきました。

オムニアム金獲得も「内容に満足はしていない」

Q:金メダルを3つ獲得おめでとうございます!まずは、オムニアムのレース振り返りをお願いします。

1種目1種目を確実に1位で終えるつもりでした。足も無駄に使ってしまってキツかったんですけど、気を落とさずに挽回できたので結果的にはよかったです。全体的にいい内容で終わりたかったはずだったので悔しいです。

Q:テンポレースでは5位、2位選手とのポイント差も少ない状況でした。

落ち着いてできることをやろう、と切り替えました。テンポレース の反省点としては重要視するはずの「中切れ」を意識できてなかったことが甘いなと反省しました。映像を見るまで気づかなかったので、まだまだでした。

内野艶和, アジア選手権トラック2022, 女子オムニアム, ポイントレース

Q:金メダルという結果ではあるけど、内容には満足していない?

そうですね。出場選手が少なかったこともあり、これがもっと大きなレースだったら致命的なミスだったし、こうは行かないと深く反省しました。

得意のポイントレースでも金

Q:ポイントレースでは大量のポイントを獲得、内野選手の独壇場でした。

オムニアムで学んだことを活かして走ろうと思って走りました。勝ちたいという気持ちよりも、冷静に考えないとという学びをしっかり活かせた一戦でした。

内野艶和, アジア選手権トラック2022, 女子ポイントレース

Q:特に意識した点は?

危ない位置につかないこと、オムニアムで反省した中切れにも注意しました。自分が確実に取れる方法で、点数を見ながらマークする人をチェックしたり。やることをやろうと思って走りました。

Q:世界選手権ではどういった走りを目標にしますか?

自分の存在を示せるようなレースができたらいいなと思います。もちろんメダルが目指したいですけど、今の自分には手前の目標を一つずつクリアしていくことが重要かなと思っています。

一つ一つのレースに、学びがあるマディソン

古山稀絵 内野艶和

Q:古山・内野ペアのマディソン。今回のアジア選手権で、海外戦での経験が活きた点は?

ネーションズカップなどを走って気づいたことなんですけど、頑張らないといけないのはスプリンターだけじゃなくて、繋ぐ人ももがく必要があって。スプリントのためのスプリントというか。

Q:ペアにおける役割の意識が変わった?

はい。前までは「ポイントを取るためのスプリントが大事」と思っていましたが、スプリントに入る前の、ペアによるスプリントが無いと絶対に取れないなと学びました。

古山稀絵 内野艶和

Q:体力的にしんどさはありましたか?

そうですね、でも普段は120周のところを80周だったので、いつもよりは気持ち的に楽でした。普段の練習では8〜90周を2セット走るので、「普段の半分だ!」と(笑)

Q:練習の成果が存分に発揮されました。

アジア選手権前はトラック練習に力を入れていて、身体的にもキツかったです。練習でも常にギリギリでした。男子と混ざって練習をしたり、とにかくたくさんマディソンの練習をしていたので、その点が結果に反映されたと思います。

めちゃニキビできちゃった

内野艶和

Q:ちなみに、初めてのインドはどうでしたか。

とにかく食事には気をつけて……お水が美味しくなかったです、お米を持って行って炊いても、匂いがいつもと違って。水も大事なんだなと思いました。生野菜も食べれないので、最初の頃は炭水化物ばかりになっちゃってめちゃニキビできた(笑)

Q:大好きなお米、持って行った?

はい!持って行った日本食で乗り切りました。ホテルでの食事では、ナンに蜂蜜かけたものしか食べれず苦労しました。

Q:帰国してからの過ごし方は?

疲れが溜まったのか体調を崩してしまって、休養をしていました。今は次のレースに向けて体調を整えつつ、トレーニングに戻っています!

Q:応援してくださった皆様に一言お願いします。

応援ありがとうございました!無事に3種目で金メダルを獲ることができてよかったです。次の大会でもメダルを獲れるように頑張りたいと思うので、応援よろしくお願いします!

内野艶和, アジア選手権トラック2022, 女子マディソン

NEWS

COLUMN