出走表詳細 取手G1 レース情報

2022年02月22日の開催レース情報一覧へもどる

取手競輪 読売新聞社杯全日本選抜競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

9R 出走表詳細(02月22日 3日目)

ダイジェスト映像

予想担当記者
アオケイ 真島 秀昭
情報提供
アオケイ

地元奮起

S級特選

発走予定
14:40
投票締切
14:35
勝ち上がり条件
1着〜3着は特別優秀、4着〜6着は特選、7着から9着は選抜へ

【誘導員】芦澤 辰弘 S1







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
3 1 1 坂口 晃輔
三 重/33/95
S1 3.92 108.20 3 0 0 0 8 1 4 5 1 15 16.0 36.0 40.0
1 2 2 吉田 拓矢
茨 城/26/107
SS 3.92 117.78 0 4 3 6 3 0 8 4 2 6 40.0 60.0 70.0
2 3 3 小原 佑太
青 森/25/115
S1 3.93 112.54 5 5 1 3 1 0 5 0 4 3 41.6 41.6 75.0
3 4 4 三谷 竜生
奈 良/34/101
S1 3.92 108.18 0 6 3 4 1 1 5 4 1 12 22.7 40.9 45.4
2 5 木暮 安由
群 馬/36/92
S1 3.92 110.10 0 1 0 3 7 2 6 6 2 14 21.4 42.8 50.0
3 5 6 柴崎 淳
三 重/35/91
S1 3.92 104.15 3 4 3 3 4 1 5 6 2 14 18.5 40.7 48.1
× 3 7 渡邉 一成
福 島/38/88
S1 3.93 109.50 4 3 0 3 1 1 3 2 2 13 15.0 25.0 35.0
3 6 8 岩津 裕介
岡 山/40/87
S1 3.92 107.44 1 0 0 0 2 2 2 2 4 10 11.1 22.2 44.4
2 9 諸橋 愛
新 潟/44/79
S1 3.92 113.08 2 0 0 0 6 3 2 7 3 11 8.6 39.1 52.1
並び予想
4自在 6追込 1追込 2押え先 9追込 5追込 3押え先 7追込 8追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

地元G1のプレッシャーからか2日間組み立て失敗の吉田。今日は一気のカマシ&捲りで人気に応える。諸橋−木暮と続き本線

天候 晴/風速 2.0m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 2 吉田 拓矢 12.0 B 好機に捲る
2 9 諸橋 愛 1/8車輪 11.9 吉田マーク
3 5 木暮 安由 1車輪 11.9 先制ライン
4 4 三谷 竜生 3/4車身 11.7 内追上捌き
5 6 柴崎 淳 3/4車輪 11.5 前を追って
6 1 坂口 晃輔 3/4車身 11.5 S 流れ込みで
× 7 7 渡邉 一成 1車身1/2 11.4 三谷捌かれ
8 8 岩津 裕介 4車身 11.8 前に離れて
9 3 小原 佑太 大差 14.5 分断されて

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

2=6
200円(1)
2

2=9
190円(1)
3

2=5=9
370円(1)


2=5
320円(3)
2=9
150円(1)
5=9
330円(4)
2-6
280円(1)
2-9
280円(1)
2-9-5
610円(1)

戦い終わって

戦い終わって写真

 打鐘過ぎに小原佑太が前に出て先行態勢に入るも三谷竜生が小原の番手に競り込む。小原が緩めた所を吉田拓矢がタイミングを逃がさず打鐘過ぎカマシ。ライン三車出切り、吉田が押し切り上位独占。「小原君はスタート早いし、竜生さんが前取るとは思わなかったです。竜生さんが全開で踏んでたので番手か三番手に行くんだなと思ったので見てからでも遅くないと。結果、番手に行って渡辺一成さんが浮いてる所を目掛けて行きました。前が流してたので行きやすい展開になったのかなって。連日外踏めず情けないレースで終わってたので今日は外踏もうと思ってました。この競走を連日出せていたら結果は違ってたのかなと。連日地元っていうのがあって視野が狭くなっていた。昨日も引けばいいのに踏む位置をなくしちゃって、うまくいかないもんだなって。気持ちが折れてたので今日の競走で何とかなりそうです」。
 吉田追走し直線差し込むも二着の諸橋愛。「吉田君を差せると思ったが、吉田君は強くなってる。前回の奈良記念といい、この半年くらいは変わってきてるなと感じますね。自分は準備してきてるし差せなかったのは正直悔しいです。長い距離行ってて差せないことはあまりないんですけど、今日は本気出して差せなかったのは悔しいですね。奈良記念の時もそうでしたけど、吉田君のホームカマシたスピードは最近ではないなって感じでした。考えてることはあるのでトレーニング出来れば上乗せ出来るかなって思ってます」。

ページの先頭へ戻る