出走表詳細 高松G3 レース情報

2022年01月28日の開催レース情報一覧へもどる

高松競輪 玉藻杯争覇戦

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

12R 出走表詳細(01月28日 2日目)

ダイジェスト映像

予想担当記者
アオケイ 梅田 浩行
情報提供
競輪毎日

切れ味◎

S級二予選

発走予定
16:20
投票締切
16:15
勝ち上がり条件
1着〜3着と4着6名は準決勝、4着1名と5着〜7着は特選、8着〜9着は選抜へ

【誘導員】清水 邦章 A1







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
1 1 1 古性 優作
大 阪/30/100
SS 3.92 118.09 2 1 0 7 1 2 7 3 2 10 31.8 45.4 54.5
3 2 2 湊 聖二
徳 島/45/86
S2 3.92 106.57 5 1 0 0 6 1 6 1 6 17 20.0 23.3 43.3
× 3 3 3 阿部 拓真
宮 城/31/107
S2 3.93 105.81 4 1 0 4 3 1 6 2 6 13 22.2 29.6 51.8
4 4 4 櫻井 祐太郎
宮 城/22/117
S2 3.92 100.21 6 26 9 1 0 0 5 5 3 19 15.6 31.2 40.6
2 5 村田 雅一
兵 庫/37/90
S1 3.93 111.04 5 0 0 0 5 4 4 5 2 14 16.0 36.0 44.0
5 5 6 松尾 勇吾
熊 本/23/115
S2 3.92 95.25 2 0 0 0 1 1 1 1 2 20 4.1 8.3 16.6
4 7 大崎 飛雄馬
愛 媛/43/88
S2 3.93 101.46 2 0 0 0 3 2 2 3 6 17 7.1 17.8 39.2
5 6 8 武井 大介
千 葉/41/86
S2 3.92 95.30 2 0 0 0 0 1 0 1 3 6 0.0 10.0 40.0
4 9 山本 直
岡 山/29/101
S2 3.92 102.57 2 3 1 3 5 1 5 5 6 17 15.1 30.3 48.4
並び予想
1自在 5追込 4押え先 3追込 8追込 9押え先 2追込 7追込 6自在

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

古性が射程圏からシャープに捲って前団を一気に飲み込む。村田が巧追して近畿独占。桜井の先行が掛かり切れば阿部の台頭。

天候 晴/風速 1.8m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 1 古性 優作 11.5 S 捌いて捲る
2 2 湊 聖二 1車輪 11.5 もつれ外伸
3 5 村田 雅一 1/2車輪 11.5 接触凌いで
× 4 3 阿部 拓真 1/2車身 11.9 番手牽制し
5 4 櫻井 祐太郎 1車輪 12.2 B 果敢に逃げ
6 8 武井 大介 1/8車輪 11.8 中割狙うも
7 6 松尾 勇吾 1/2車輪 11.4 単騎で後方
8 9 山本 直 1車身1/2 11.9 併せられず
9 7 大崎 飛雄馬 大差 13.4 外で捌かれ

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

1=2
1,090円(3)
2

1=2
1,150円(3)
3

1=2=5
570円(2)


1=2
270円(4)
1=5
110円(1)
2=5
480円(7)
1-2
1,370円(4)
1-2
1,290円(4)
1-2-5
4,110円(11)

戦い終わって

戦い終わって写真

 後方に置かれて詰まりっぱなしの古性優作だが、外の大崎飛雄馬を捌いて6番手を確保すると、逃げる櫻井祐太郎をじわりじわりと捲って本命人気に応えた。「前のレースで松浦(悠士)君がいいレースをしていたので、あれをイメージしながら走っていたんですが、6番と7番の車番を間違ってしまって中途半端になっちゃいました。ほんとは全部引いて行くつもりだったのに、6番だったら入れちゃダメだと思って…。端から見ても僕自身も何してんねんって感じで、いいレースではなかったし、明日はしっかり力勝負したいですね」。
 中団を確保した山本直の後ろから湊聖二が外を伸びて2着。「あのまま直君に付いていたら厳しいと思って、先に村田(雅一)君の後ろにスイッチして外踏めるように準備していました。村田君、阿部君とスパイス強めの人がいたので、今日のゴール前は味が濃かった(笑)。最後は村田君が内行ってくれたおかげで外のコースが出来た感じです。ダービーの賞金が今月までで、今回決勝に乗るのが最低条件なので、いい意味で頑張れています」。
 古性マークの村田は内に進路を取って伸びきれず3着。「古性君の後ろは休むところがなくて気が抜けない。いい緊張感で走れました。最後はちょっと焦って内に行っちゃいましたが、今思えば外の方がよかったかな。ゴール前の接触で前輪が潰れてスポークが脚に刺さったんですけど、一応それは大丈夫です」。

ページの先頭へ戻る