出走表詳細 名古屋G1 レース情報

2019年08月16日の開催レース情報一覧へもどる

名古屋競輪 オールスター競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

11R 出走表詳細(08月16日 3日目)

ダイジェスト映像

予想担当記者
赤競 小山 裕哉
情報提供
競輪情報協会

豪華競演

S級

発走予定
16:30
投票締切
16:25
勝ち上がり条件
全員が準決勝

【誘導員】山内 卓也







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
× 3 1 1 新田 祐大
福 島/33/90
SS 3.92 122.75 0 1 1 2 2 0 2 3 0 3 25.0 62.5 62.5
5 2 2 清水 裕友
山 口/24/105
SS 3.92 115.96 1 5 2 5 3 0 5 5 1 14 20.0 40.0 44.0
2 3 3 脇本 雄太
福 井/30/94
SS 3.92 124.25 1 4 1 4 0 0 5 0 1 2 62.5 62.5 75.0
4 4 4 太田 竜馬
徳 島/23/109
S1 3.92 114.70 3 18 9 7 1 0 12 5 1 9 44.4 62.9 66.6
9 4 5 山崎 賢人
長 崎/26/111
S1 3.93 112.13 0 15 5 1 0 0 4 2 3 14 17.3 26.0 39.1
10 5 6 諸橋 愛
新 潟/42/79
S1 3.92 115.08 1 0 0 1 6 1 6 2 5 11 25.0 33.3 54.1
7 5 7 松浦 悠士
広 島/28/98
S1 3.92 115.56 0 8 1 10 7 1 13 6 2 9 43.3 63.3 70.0
9 6 8 原田 研太朗
徳 島/28/98
S1 3.93 112.08 1 6 1 10 1 0 11 1 1 11 45.8 50.0 54.1
5 6 9 平原 康多
埼 玉/37/87
SS 3.92 118.28 2 4 1 10 6 1 11 7 2 9 37.9 62.0 68.9
並び予想
3まくり 1まくり 5まくり 4逃げ 2追込 8追込 7追込 9まくり 6追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

ダービーのゴールデンレーサー賞以来で単騎の脇本だが、その時も9番手捲りを決めており、ワールドクラスのスピードを見せる。中四国勢は4車結束で太田を先導役に、番手を清水が務めて万全の態勢で抵抗する構え。スピードスター新田も首位争いは可能だ。

天候 晴/風速 0.4m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 8 原田 研太朗 11.1 B 清水番手捲
2 7 松浦 悠士 1/8車輪 11.0 原田に肉薄
3 9 平原 康多 1/8車輪 10.7 中団占急追
4 6 諸橋 愛 3/4車身 10.7 平原追うも
× 5 1 新田 祐大 1車身 10.6 外踏届かず
6 3 脇本 雄太 1車身 10.6 後方仕掛遅
7 5 山崎 賢人 3車身 11.6 捲り合され
8 2 清水 裕友 2車身 11.9 鐘叩フカシ
4 太田 竜馬 赤板過失落

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

5=6
1,150円(6)
2

7=8
2,980円(12)
3

7=8=9
7,210円(27)


7=8
830円(11)
7=9
1,810円(22)
8=9
1,040円(14)
6-5
1,930円(9)
8-7
4,320円(19)
8-7-9
31,060円(96)

レース後記

レース後記写真

 赤板で山崎賢人に合わせて動いた太田竜馬が、諸橋愛と接触して落車のアクシデント。太田の1車がいなくなり、結束した中四国勢は清水裕友が打鐘で飛び出して駆ける。山崎が4番手に飛び付いて、平原康多はその後ろ。脇本雄太は最終ホームで前と離れた8番手に置かれた。山崎が外に持ち出すと、原田研太朗は、番手から自力に転じてまくる。付けた松浦悠士、迫る平原康多の追撃を僅差でしのいだ原田が連勝を飾った。
 「太田君が転んだんで残念だったけど、(清水)裕友が気持ちを切り替えて(積極的に)行ってくれた。自分もあそこで気持ちを途切れないようにと思った。後ろに松浦君が付いてますから。(山崎のまくりに)合わせているんですけど、番手が不慣れで早めに(まくって)出ていく形になった。(別線の)プレッシャーはものすごいものがった。脚の状態は悪くないです」
 中四国勢のシンガリを固めた松浦悠士が、2着に入ってラインでのワンツー。
 「裕友と(原田)研太朗が踏んでくれたんで、僕としてはしっかりと思った。(太田の落車は)残念ですけど、(脇本を)倒せるってことが証明できた」
 番手まくりで勝った原田の上がりタイムは11秒1の好タイム。それでも平原康多はあきらめることなく踏んで、直線で前の2人に襲い掛かった。
 「清水がものすごい掛かりだった。超ハイピッチでした。自分はやっと最後に追いついて3着までいけた。あれで1着までいけてたら良かったけど、脇本、新田(祐大)だって無理なんですからね」

ページの先頭へ戻る