出走表詳細 名古屋G1 レース情報

2019年08月18日の開催レース情報一覧へもどる

名古屋競輪 オールスター競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

11R 出走表詳細(08月18日 最終日)

ダイジェスト映像

予想担当記者
赤競 小山 裕哉
情報提供
競輪情報協会

北日本の絆

S級

発走予定
16:30
投票締切
16:25

【誘導員】伊藤 正樹







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
× 5 1 1 平原 康多
埼 玉/37/87
SS 3.92 118.28 2 4 1 10 6 1 11 7 2 9 37.9 62.0 68.9
3 2 2 新田 祐大
福 島/33/90
SS 3.92 122.75 0 1 1 2 2 0 2 3 0 3 25.0 62.5 62.5
6 3 3 中川 誠一郎
熊 本/40/85
S1 3.92 114.42 1 2 1 3 3 1 6 2 1 12 28.5 38.0 42.8
10 4 4 菅田 壱道
宮 城/33/91
S1 3.92 112.95 2 2 0 2 3 2 3 4 5 9 14.2 33.3 57.1
10 4 5 諸橋 愛
新 潟/42/79
S1 3.92 115.08 1 0 0 1 6 1 6 2 5 11 25.0 33.3 54.1
9 5 6 渡邉 一成
福 島/36/88
S1 3.93 113.04 7 6 0 8 1 1 7 3 2 12 29.1 41.6 50.0
9 5 7 郡司 浩平
神奈川/28/99
S1 3.92 118.20 0 1 0 2 3 0 3 2 2 4 27.2 45.4 63.6
12 6 8 中村 浩士
千 葉/41/79
S1 3.85 109.96 1 0 0 0 2 4 2 4 2 18 7.6 23.0 30.7
10 6 9 佐藤 慎太郎
福 島/42/78
S1 3.92 116.17 1 0 0 0 8 5 5 8 6 12 16.1 41.9 61.2
並び予想
1まくり 5追込 3まくり 4逃げ 2追込 6追込 9追込 7まくり 8追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

ケイリン世界ランク1位の新田はナショナルチームで今後のG1出場は未定。GP賞金争いは圏外で是が非でも優勝を掴む。北の先頭を走る菅田のブン駆けは必至で番手捲り。V争い最大のライバルは後位の渡邉。競輪を極める平原はタテヨコ駆使で逆転を目指す。

天候 晴/風速 0.5m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 2 新田 祐大 11.0 S
2 9 佐藤 慎太郎 3/4車身 10.9
3 5 諸橋 愛 1/2車輪 11.0
4 6 渡邉 一成 1/8車輪 11.0
× 5 1 平原 康多 1車身 11.2 B
6 3 中川 誠一郎 3/4車身 11.1
7 7 郡司 浩平 1/2車輪 10.9
8 8 中村 浩士 1/2車輪 10.8
9 4 菅田 壱道 大差 12.9

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

2=6
1,860円(9)
2

2=9
3,190円(12)
3

2=5=9
10,670円(34)


2=5
650円(9)
2=9
450円(3)
5=9
1,760円(22)
2-6
2,150円(8)
2-9
3,500円(12)
2-9-5
32,580円(100)

レース後記

レース後記写真

 正攻法に構えた菅田壱道が赤板過ぎに郡司浩平を突っ張り打鐘からピッチを上げて主導権。平原康多は中団で北勢と車間が空いてしまったが、詰める勢いで1センターからまくり出ると、菅田の番手で車間を空けて待ち構えていた新田祐大が平原に合わせて番手まくり。平原に締め込まれながらも懸命に踏み続けて執念のタイトル奪取。
 「まだドキドキしていますね。(菅田が前で頑張ると聞き)素直に嬉しかったですね。今まで何度もG1の決勝を走ってきましたけど、今までにない緊張感でした。思った以上に菅田の先行力が凄くて苦しかった。自分としてもあの位置からがギリギリでした。平原さんに先に仕掛けられてしまってワンツースリーを決められなかったのは反省ですが、オリンピックの舞台に向けて力がみなぎってきます」
 2着に強襲したのは北日本の4番手を回った佐藤慎太郎。
 「(渡邉)一成は新田がバランスを崩したと思って外に持ち出したんでしょうね。俺はその動きを見て一瞬、外か内を見てから(内に)どこまでって感じでした。今回から新車にしてスピード競輪に対応できた。踏み出しは重いけど、後半の伸びが良いですね」
 平原を追走して外を踏んだ諸橋が3着に入線した。
 「(平原)康多が行き切ってくれれば俺にもチャンスがあると思った。後ろで康多頑張れって感じでしたね。2センターから外はいけないし直線勝負と思って。きつかったけど楽しかったです」

ページの先頭へ戻る