出走表詳細 岸和田G1 レース情報

2019年06月13日の開催レース情報一覧へもどる

岸和田競輪 高松宮記念杯競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

3R 出走表詳細(06月13日 初日)

ダイジェスト映像

予想担当記者
赤競 小山 裕哉
情報提供
競輪研究

完全復活

西一次予選

発走予定
11:35
投票締切
11:30
勝ち上がり条件
1位が白虎賞、2~5位と6位の2名が西二次予選へ以下選抜

【誘導員】堀 僚介 S2







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
13 1 1 松岡 貴久
熊 本/35/90
S1 3.92 109.92 3 1 1 0 7 0 3 5 4 16 10.7 28.5 42.8
10 2 2 稲垣 裕之
京 都/41/86
S1 3.92 111.50 2 5 1 1 8 0 6 4 6 10 23.0 38.4 61.5
× 9 3 3 原田 研太朗
徳 島/28/98
S1 3.93 110.16 0 7 4 9 1 0 12 2 2 15 38.7 45.1 51.6
14 4 4 坂本 亮馬
福 岡/34/90
S1 3.93 106.91 2 2 1 0 6 2 5 4 3 11 21.7 39.1 52.1
14 5 不破 将登
岐 阜/30/94
S2 3.92 107.46 2 7 5 6 1 1 9 4 4 9 34.6 50.0 65.3
16 5 6 神田 紘輔
大 阪/33/100
S2 3.93 106.13 1 0 0 0 6 3 2 7 2 13 8.3 37.5 45.8
12 7 渡部 哲男
愛 媛/39/84
S1 3.92 113.11 0 0 0 0 10 2 9 3 4 11 33.3 44.4 59.2
16 6 8 山口 富生
岐 阜/49/68
S1 3.92 106.83 1 0 0 0 0 2 0 2 4 19 0.0 8.0 24.0
9 9 南 潤
和歌山/21/111
S1 3.93 110.00 1 15 2 5 0 0 7 0 5 11 30.4 30.4 52.1
並び予想
3まくり 7追込 1まくり 4追込 9逃げ 2追込 6追込 5まくり 8追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

直前の優勝でリズム好転の稲垣が本命。スター候補南を目標に貫録を示す。混戦を条件に昨年ファイナリスト原田の一発。

天候 晴/風速 1.8m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 5 不破 将登 11.3 S 中団捲り決
2 7 渡部 哲男 1/2車身 11.3 原田利して
3 1 松岡 貴久 3/4車身 11.2 4角内突き
4 8 山口 富生 2車身 11.4 不破に離れ
5 4 坂本 亮馬 3/4車身 11.3 こじ開外踏
× 6 3 原田 研太朗 1/8車輪 11.8 B 先行捲られ
7 2 稲垣 裕之 3/4車身 11.5 南と共倒れ
8 6 神田 紘輔 1/2車身 11.5 不発ライン
9 9 南 潤 7車身 12.3 原田叩けず

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

4=5
2,020円(10)
2

5=7
3,630円(14)
3

1=5=7
15,040円(42)


1=5
1,900円(22)
1=7
1,280円(17)
5=7
1,460円(19)
4-5
4,160円(20)
5-7
6,920円(23)
5-7-1
97,730円(218)

戦い終わって

戦い終わって写真

 2度目のG1出場となる不破将登が大ヒットを飛ばした。初手で5番手の位置に陣を取った原田研太朗が赤板過ぎに切って南潤の動向を窺いながらペースを落としたが隊列に動きはなく、腹を括ってそのまま先行策に。残り一周手前から巻き返しを狙った南であったが車の進みはイマイチで、スンナリと3番手の位置を確保していた不破が渡部哲男のけん制を乗り越えて白星を手に。
 「車番的にも前か後ろしかなかったので。後ろから押さえても結局また後ろになるくらいなら前でって感じでした。渡部さんのけん制が厳しくて2コーナーでスピードが鈍ったけど、何とかまくれましたね」
 不破のまくりを止めることはできなかった渡部であったが、外を張りながら抜け出して2着に入線。
 「(原田)研太朗は完璧やったけどね。南が何してるんって感じでこないから。カカリは良かったし車間空けて張ったけど、真後ろからで対処しきれなかった。もう一車いれば違いましたね…」
 松岡貴久は不破に離れた山口富生を掬って3着に。
 「南がカマせばその上をまくれるかまくれないかだったけけど、動かなかったので。富生さんも離れたし、どうしようか迷いながらでしたね。でもまったく脚を使わずに勝ち上がれたので明日も頑張れそう」

ページの先頭へ戻る