出走表詳細 取手G1 レース情報

2022年02月21日の開催レース情報一覧へもどる

取手競輪 読売新聞社杯全日本選抜競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

7R 出走表詳細(02月21日 2日目)

予想担当記者
アオケイ 真島 秀昭
情報提供
アオケイ

格上新田

S級二次予選

発走予定
13:40
投票締切
13:35
勝ち上がり条件
1着〜3着は準決勝、4着〜6着は特選、7着〜9着は選抜へ

【誘導員】河野 通孝 S2







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
1 1 1 新田 祐大
福 島/36/90
S1 3.93 116.70 7 14 6 11 0 0 14 3 4 3 58.3 70.8 87.5
2 2 2 取鳥 雄吾
岡 山/27/107
S1 3.92 110.37 4 17 10 6 0 0 9 7 3 10 31.0 55.1 65.5
× 3 3 3 坂井 洋
栃 木/27/115
S1 3.92 109.61 3 13 3 10 1 1 10 5 5 11 32.2 48.3 64.5
3 4 4 寺崎 浩平
福 井/28/117
S1 3.92 107.93 5 12 5 1 0 0 3 3 1 9 18.7 37.5 43.7
2 5 成田 和也
福 島/42/88
S1 3.92 111.00 4 1 0 0 9 2 2 9 6 8 8.0 44.0 68.0
3 5 6 門田 凌
愛 媛/27/111
S1 3.92 107.26 3 2 1 2 4 0 4 3 1 7 26.6 46.6 53.3
3 7 村田 雅一
兵 庫/37/90 (欠車)
S1 3.93 109.29 5 0 0 0 5 4 4 5 3 13 16.0 36.0 48.0
3 6 8 杉森 輝大
茨 城/39/103
S1 3.92 107.75 1 0 0 0 4 4 3 5 2 14 12.5 33.3 41.6
2 9 稲川 翔
大 阪/37/90
S1 3.92 111.73 2 1 0 0 5 2 3 4 0 9 18.7 43.7 43.7
並び予想
1先行 5追込 2押え先 6追込 3押え先 8追込 4押え先 9追込 7追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

脚自体はS級S班クラスの新田。力の違いを見せつける。成田がマークも連下までの評価だ。相手は寺崎使う稲川と器用な坂井

天候 晴/風速 4.0m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 1 新田 祐大 11.9 S 捲り上捲る
2 5 成田 和也 3/4車輪 11.8 新田マーク
× 3 3 坂井 洋 3車身 12.3 捲り捲られ
4 8 杉森 輝大 1車身1/2 12.4 内を掬って
5 9 稲川 翔 1車身1/2 12.4 外張り掬れ
6 4 寺崎 浩平 2車身 12.9 B 逃げ捲られ
7 2 取鳥 雄吾 3/4車身 12.2 後方になり
8 6 門田 凌 1/2車輪 12.1 取鳥共倒れ
7 村田 雅一 当日欠場で

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

1=4
190円(1)
2

1=5
240円(1)
3

1=3=5
690円(2)


1=3
270円(3)
1=5
150円(1)
3=5
610円(9)
1-4
240円(1)
1-5
240円(1)
1-5-3
1,110円(2)

戦い終わって

戦い終わって写真

 取鳥雄吾が赤板過ぎに抑える。坂井洋が寺崎浩平の仕掛けに併せて踏み込み三番手キープ。寺崎が打鐘前先行でペース掴むも、バック三番手から坂井が仕掛けると稲川翔がブロックするも坂井が番手にハマりすかさず捲るが新田祐大が鋭く捲り一着。「一番車だし前からと。取鳥君から動き始めたしまったく予想とは違う展開になりました。流れを見てなるべく積極的に仕掛けたい気持ちがあったので、結果としてあの位置になったのであの位置から仕掛けました。残り一周ではこうなるだろうと思った展開でした。取鳥君がどこから仕掛けて来るか警戒してました。あまりにも風が強過ぎて、一定ではないので非常に難しいバンクコンディションでした。成田さんとワンツー決まって良かった」。
 新田マークからゴール差し込むも二着の成田和也。「すべて新田君に任せていた。打鐘で追い上げてひとつ前に入れて良かった。一番後ろじゃ苦しいし。新田君とは伊東で一緒に走れて気が付いたことも多少あって落ち着いて走れた。スピードある選手がいたが、二人で勝ち上がれて良かった。初日は緊張したが、今日は落ち着いて走れました」。
 バックから新田より先に捲り決めるも三着の坂井洋。「取れて位置からと考えていた。取鳥君が先に斬ってくれたのでその上を叩いて新田さんを後方に置かなきゃどうしょうもないと思った。新田さんより先に仕掛けられたけど脚の違いを見せ付けられた。自分の感触は最近の中では一番良い」。

ページの先頭へ戻る