出走表詳細 岸和田G1 レース情報

2019年06月14日の開催レース情報一覧へもどる

岸和田競輪 高松宮記念杯競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

7R 出走表詳細(06月14日 2日目)

予想担当記者
赤競 小山 裕哉
情報提供
競輪研究

地元の気迫

西二次予選

発走予定
13:35
投票締切
13:30
勝ち上がり条件
1~3位が西準決へ4~7位と8位の3名が特選へ以下選抜

【誘導員】金田 健一郎 A1







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
9 1 1 村上 義弘
京 都/44/73
SS 3.92 112.59 2 2 0 2 3 1 5 1 2 15 21.7 26.0 34.7
12 2 2 渡部 哲男
愛 媛/39/84
S1 3.92 113.11 0 0 0 0 10 2 9 3 4 11 33.3 44.4 59.2
× 11 3 3 柴崎 淳
三 重/32/91
S1 3.92 111.37 1 4 0 9 0 0 7 2 0 8 41.1 52.9 52.9
15 4 4 湊 聖二
徳 島/42/86
S2 3.92 108.19 2 0 0 0 4 2 2 4 1 15 9.0 27.2 31.8
8 5 古性 優作
大 阪/28/100
S1 3.92 114.44 3 5 1 5 3 0 7 2 4 6 36.8 47.3 68.4
10 5 6 河端 朋之
岡 山/34/95
S1 3.93 105.57 2 3 0 4 0 0 3 1 1 2 42.8 57.1 71.4
13 7 坂口 晃輔
三 重/31/95
S1 3.92 109.73 0 0 0 0 3 1 3 1 5 7 18.7 25.0 56.2
16 6 8 山口 富生
岐 阜/49/68
S1 3.92 106.83 1 0 0 0 0 2 0 2 4 19 0.0 8.0 24.0
13 9 椎木尾 拓哉
和歌山/33/93
S1 3.92 110.94 0 0 0 0 4 1 1 4 2 11 5.5 27.7 38.8
並び予想
5まくり 1追込 9追込 6逃げ 2追込 4追込 3まくり 7追込 8追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

地元の古性は2予で負けられない。闘争心溢れる攻めから捲って村上との争い。ダッシュ鋭い柴崎や河端に託す渡部に注。

天候 曇/風速 0.4m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
× 1 3 柴崎 淳 11.1 直線外伸び
2 8 山口 富生 1/2車身 11.0 コース突き
3 7 坂口 晃輔 1/8車輪 11.1 村上捌いて
4 5 古性 優作 1/8車輪 11.3 捲出もタレ
5 4 湊 聖二 1/4車輪 11.2 不発ライン
6 9 椎木尾 拓哉 3/4車身 11.0 前が捌かれ
7 1 村上 義弘 1/2車輪 11.1 S 坂口捌かれ
8 2 渡部 哲男 1/8車輪 11.4 牽制及ばず
9 6 河端 朋之 2車身 11.8 B 古性捲られ

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

3=6
4,670円(15)
2

3=8
18,050円(27)
3

3=7=8
3,880円(12)


3=7
710円(9)
3=8
2,950円(26)
7=8
2,060円(19)
3-6
5,850円(24)
3-8
29,540円(44)
3-8-7
73,340円(154)

戦い終わって

戦い終わって写真

 赤板後の1コーナーから河端朋之が踏み上げる。中団は柴崎淳と古性優作で併走に。さらにその後位ももつれて、最終2コーナーで坂口晃輔が村上義弘を弾いた。外併走の古性が2コーナー過ぎからまくると、渡部哲男のブロックをかいくぐり出切ったが、その動きを俊敏に追った柴崎が、ゴール前で鋭く捕えた。
 「(誘導が上がるので)後ろ攻めはキツかった。古性の動きは気にしていたけど、動きに一瞬遅れてしまった。今日は後ろ(坂口)の援護が大きかった」
 好援護をした坂口が柴崎に続いて、直線は外を踏んだが、3番手の山口富生が狭いコースを突っ込み2着。ベテランの巧さを存分に見せた。
 「嬉しいね。中団で2つのラインが併走になって全体のペースが上がらなかったので、僕に向いた展開だったと思う」
 柴崎とワンツーは決まらなかったが、坂口の仕事ぶりも光った。
 「ヨコの動きとしては良い仕事ができたと思う。一車でも前の位置を確保したかったので。外にいたのが、村上(義弘)さんだったことはわかったけど、普段通りのことができたと思う」

ページの先頭へ戻る