出走表詳細 岸和田G1 レース情報

2019年06月14日の開催レース情報一覧へもどる

岸和田競輪 高松宮記念杯競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

6R 出走表詳細(06月14日 2日目)

ダイジェスト映像

予想担当記者
赤競 小山 裕哉
情報提供
競輪研究

快速捲り

東二次予選

発走予定
13:05
投票締切
13:00
勝ち上がり条件
1~3位が東準決へ4~7位と8位の3名が特選へ以下選抜

【誘導員】中澤 央治 S2







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
× 10 1 1 諸橋 愛
新 潟/41/79
S1 3.92 113.00 0 1 0 2 4 4 3 7 5 7 13.6 45.4 68.1
15 2 2 内藤 秀久
神奈川/37/89
S1 3.92 110.00 3 0 0 0 5 5 2 8 3 14 7.4 37.0 48.1
12 3 3 大槻 寛徳
宮 城/40/85
S1 3.92 110.60 1 0 0 0 8 1 7 2 1 15 28.0 36.0 40.0
15 4 4 齋藤 登志信
宮 城/46/80
S1 3.92 107.61 1 0 0 0 3 0 2 1 2 14 10.5 15.7 26.3
9 5 和田 真久留
神奈川/28/99
S1 3.92 115.47 0 6 2 7 3 1 7 6 0 4 41.1 76.4 76.4
16 5 6 小林 大介
群 馬/41/79
S1 3.92 105.22 3 0 0 0 4 1 3 2 5 17 11.1 18.5 37.0
11 7 山崎 芳仁
福 島/40/88
S1 3.92 112.06 0 1 0 5 2 1 5 3 0 8 31.2 50.0 50.0
16 6 8 萩原 孝之
静 岡/41/80
S1 3.92 107.03 0 0 0 0 1 4 1 4 5 16 3.8 19.2 38.4
12 9 吉澤 純平
茨 城/34/101
S1 3.92 109.26 0 4 1 1 1 0 1 2 3 15 4.7 14.2 28.5
並び予想
5まくり 2追込 8追込 9逃げ 1追込 6追込 7まくり 3追込 4追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

ダッシュ鋭い和田が鮮やかに捲って、ガッツある内藤が食い下がる。吉澤のカカリが良いと諸橋のアタマも十分に可能だ。

天候 曇/風速 1.3m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 2 内藤 秀久 11.3 S 和田利して
2 5 和田 真久留 1/2車輪 11.4 B カマシ粘る
× 3 1 諸橋 愛 3/4車輪 10.9 コース突き
4 9 吉澤 純平 1車輪 11.0 和田叩かれ
5 8 萩原 孝之 1/4車輪 11.2 和田追うも
6 6 小林 大介 2車身 11.0 諸橋追走し
7 7 山崎 芳仁 タイヤ差 10.8 後方で不発
8 3 大槻 寛徳 2車身 10.9 山崎と共倒
9 4 齋藤 登志信 1車身 10.8 不発ライン

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

2=4
470円(1)
2

2=5
520円(1)
3

1=2=5
890円(1)


1=2
440円(7)
1=5
300円(2)
2=5
230円(1)
2-4
1,180円(4)
2-5
1,440円(5)
2-5-1
5,530円(11)

戦い終わって

戦い終わって写真

 打鐘で吉澤純平が主導権を握るが、和田真久留の巻き返しが早い。7番手からカマシ気味に出て、最終ホーム手前で主導権を奪って逃げる。番手絶好の内藤秀久がゴール前で交わして、神奈川コンビが上位を独占した。
 「(和田の仕掛けに)前はビリビリしてたけど、いまは余裕がある。だから、調子がいいんでしょうね。厳しい勝ち上がりのなかで、1着が取れたことは今後(の自分)に期待できる。(最終)バックでは彼(和田)の掛かりが良すぎて、(別線が)来れないって確信できるくらいだった」
 後方で動けなかった初日の失敗を糧に和田真久留は、内容の濃い走りで勝ち上がった。
 「初日は速い誘導が初めてだったんで、つかめなかったところがあった。だから、今日(2日目)は行けるところで絶対に行こうと思ってた。初日が不甲斐なかったんで、ラインで決められるようにっていうのがった。(新ルールは)800から600メートルを駆ける先行力があればっていうのはある。自分もその練習はしている」

ページの先頭へ戻る