出走表詳細 岸和田G1 レース情報

2019年06月14日の開催レース情報一覧へもどる

岸和田競輪 高松宮記念杯競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

12R 出走表詳細(06月14日 2日目)

ダイジェスト映像

予想担当記者
赤競 小山 裕哉
情報提供
競輪研究

福島トリオ

青龍賞

発走予定
16:35
投票締切
16:30
勝ち上がり条件
全員が東・準決勝

【誘導員】中澤 央治 A1







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
11 1 1 木暮 安由
群 馬/34/92
S1 3.92 111.32 0 3 0 5 8 0 7 6 5 10 25.0 46.4 64.2
11 2 2 佐藤 慎太郎
福 島/42/78
S1 3.92 113.77 2 0 0 1 8 3 5 7 3 12 18.5 44.4 55.5
9 3 3 渡邉 雄太
静 岡/24/105
S1 3.93 114.47 0 8 3 4 1 0 3 5 1 9 16.6 44.4 50.0
13 4 4 神山 拓弥
栃 木/32/91
S1 3.92 109.93 2 0 0 0 11 0 5 6 6 15 15.6 34.3 53.1
9 5 新山 響平
青 森/25/107
S1 3.92 109.76 0 12 2 4 1 0 4 3 3 15 16.0 28.0 40.0
12 5 6 近藤 隆司
千 葉/35/90
S1 3.92 108.15 0 6 2 10 1 0 12 1 6 13 37.5 40.6 59.3
10 7 渡邉 一成
福 島/35/88
S1 3.92 111.00 4 3 1 1 0 0 2 0 1 6 22.2 22.2 33.3
× 13 6 8 坂本 貴史
青 森/30/94
S1 3.92 108.33 1 3 1 10 3 0 5 9 1 15 16.6 46.6 50.0
4 9 新田 祐大
福 島/33/90
SS 3.92 119.50 0 1 1 0 0 0 0 1 0 3 0.0 25.0 25.0
並び予想
9まくり 7追込 2追込 3まくり 6追込 1自在 4追込 5逃げ 8追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

北日本5車は福島トリオと青森同門コンビに分かれた。今年の世界選銀メダリストの新田が異次元のスピードで捲る。新田の番手からG1を3勝している渡邉一の差し切りも可能。新山のカカり次第では坂本も侮れず、立ち回り巧い渡邉雄、木暮は位置取り次第。

天候 曇/風速 0.9m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 7 渡邉 一成 11.4 新田を差す
2 9 新田 祐大 1車輪 11.5 好位捲上げ
3 2 佐藤 慎太郎 3/4車身 11.4 渡邉一続く
4 1 木暮 安由 3/4車輪 11.3 捲上届かず
5 4 神山 拓弥 1車身1/2 11.3 S BS後方で
× 6 8 坂本 貴史 1/2車輪 11.8 番手捲タレ
7 6 近藤 隆司 3車身 11.9 目標と共倒
8 3 渡邉 雄太 4車身 12.2 外併走不発
9 5 新山 響平 5車身 13.0 B 新田捲られ

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

5=6
220円(1)
2

7=9
250円(1)
3

2=7=9
400円(1)


2=7
350円(2)
2=9
370円(3)
7=9
180円(1)
5-6
430円(2)
7-9
530円(2)
7-9-2
960円(2)

戦い終わって

戦い終わって写真

 赤板手前から新山響平が上昇すると、3番手にいた新田祐大も動き出し青森コンビを受ける。新田は反撃に出た渡邉雄太と併走になったものの、外に張りながらまくりを放つ。番手まくりの坂本貴史をスピードの違いでのみ込んで、付けた渡邉一成が楽に新田を追い込んだ。
 「(新田が)全部やってくれた。合わせて切って、そこからまくってくれた。自分はそこに付いてただけ。普段、自力でやってるんで楽だったけど、反省点もある。そこを今後のレースに生かしていかないと」
 別線の坂本の番手まくりをねじ伏せた新田祐大が、福島ラインを上位独占に導いた。
 「彼(渡邉雄)がなかなかしぶといレースをした。それに僕らとは別線だったけど、(新山)響平と(坂本)貴史が頑張ってたから、負けられない気持ちもあった。(状態は)悪くないと思います」
 シンガリに沈んだ新山響平だが、兄デシの坂本を連れての積極策は内容的に悪くない。
 「思ってた通りの展開だったけど、切る時に踏まされて出た。そのまま速いペースだったんで、バテるのが結構、早かった。(新ルールのなかで)もっと落ち着いて駆けられるようにと思ってます」

ページの先頭へ戻る