出走表詳細 名古屋G1 レース情報

2019年08月18日の開催レース情報一覧へもどる

名古屋競輪 オールスター競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

10R 出走表詳細(08月18日 最終日)

ダイジェスト映像

予想担当記者
赤競 小山 裕哉
情報提供
競輪情報協会

異次元の捲り

S級

発走予定
15:49
投票締切
15:44

【誘導員】山内 卓也







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
2 1 1 脇本 雄太
福 井/30/94
SS 3.92 124.25 1 4 1 4 0 0 5 0 1 2 62.5 62.5 75.0
9 2 2 原田 研太朗
徳 島/28/98
S1 3.93 112.08 1 6 1 10 1 0 11 1 1 11 45.8 50.0 54.1
10 3 3 柴崎 淳
三 重/32/91
S1 3.92 113.13 0 3 0 9 3 0 8 4 0 11 34.7 52.1 52.1
9 4 4 吉田 拓矢
茨 城/24/107
S1 3.92 111.45 1 9 5 4 1 0 6 4 3 8 28.5 47.6 61.9
8 4 5 古性 優作
大 阪/28/100
S1 3.92 115.03 3 6 0 8 4 0 7 5 3 12 25.9 44.4 55.5
× 13 5 6 杉森 輝大
茨 城/36/103
S1 3.92 109.03 0 1 1 2 5 0 4 4 4 14 15.3 30.7 46.1
10 5 7 小倉 竜二
徳 島/43/77
S1 3.92 115.23 4 1 0 1 7 6 8 6 4 12 26.6 46.6 60.0
14 6 8 田中 晴基
千 葉/33/90
S1 3.92 111.19 2 0 0 1 3 4 2 6 5 13 7.6 30.7 50.0
12 6 9 武田 豊樹
茨 城/45/88
SS 3.92 107.80 0 0 0 0 1 0 1 0 0 6 14.2 14.2 14.2
並び予想
1まくり 5追込 2まくり 7追込 3まくり 8まくり 4逃げ 6追込 9追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

今節は包囲網に苦しんだ脇本が脚力の違いを見せる。脇本対策をした古性が番手。吉田-杉森の同門で並び武田は3番手。

天候 晴/風速 1.5m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 5 古性 優作 11.1 S
2 3 柴崎 淳 1/4車輪 11.0
3 1 脇本 雄太 タイヤ差 11.2 B
4 4 吉田 拓矢 3車身 11.1
5 9 武田 豊樹 1/2車身 11.0
6 7 小倉 竜二 1車身 10.9
7 2 原田 研太朗 1/4車輪 11.0
× 8 6 杉森 輝大 3車身 11.5
9 8 田中 晴基 3車身 11.6

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

3=4
3,850円(11)
2

3=5
4,460円(11)
3

1=3=5
600円(1)


1=3
300円(2)
1=5
130円(1)
3=5
500円(6)
4-3
6,380円(14)
5-3
6,920円(15)
5-3-1
13,710円(37)

レース後記

レース後記写真

 茨城3車の先頭を任された吉田拓矢が後ろ攻めから上昇し赤板で誘導員の後ろに収まる。正攻法の構えから引いた脇本雄太は7番手まで下げて一気の巻き返しへ。けん制する杉森輝大や必死に抵抗する吉田を1コーナーで飲み込みレースを支配すると、番手を回った古性優作がゴール寸前でキッチリと抜け出した。
 「去年は宮杯とダービーで一瞬で千切れて、今年のダービーは2センターまで。今回はやっとついていけた。でもワンツーじゃないので。もっと余裕を持ってついていけるように。じゃないと仕事して抜くのは無理だと思うので。もっとレベルアップできるように」
 柴崎淳は終始近畿勢を追走する形から直線で外を鋭く伸びて2着に強襲。
 「ワッキーのカカリが凄くてずっとスカスカしてましたね。脚は余裕あるけど、回転が足りない感じでしたね。今回は決勝に乗ってもおかしくないくらいのデキだったので。次の共同杯は地元なのでまずは決勝に乗れるようにしっかりと調整したい」
 ゴール寸前で末を欠いた脇本雄太は敗因を探る。
 「緩んだしジャンで行くしかないでしょう。余裕があればもっと上を走ったけど余裕がなかった。バンクが軽くてトップスピードまで一気に上がるけど、その分(スピードが)落ちるのも早かった」 

ページの先頭へ戻る