出走表詳細 岸和田G1 レース情報

2019年06月16日の開催レース情報一覧へもどる

岸和田競輪 高松宮記念杯競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

7R 出走表詳細(06月16日 最終日)

ダイジェスト映像

予想担当記者
赤競 小山 裕哉
情報提供
競輪研究

白星締め

特選

発走予定
13:25
投票締切
13:20
賞金

【誘導員】金田 健一郎 A1







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
13 1 1 椎木尾 拓哉
和歌山/33/93
S1 3.92 110.94 0 0 0 0 4 1 1 4 2 11 5.5 27.7 38.8
× 11 2 2 山崎 芳仁
福 島/40/88
S1 3.92 112.06 0 1 0 5 2 1 5 3 0 8 31.2 50.0 50.0
11 3 3 中村 浩士
千 葉/41/79
S1 3.92 111.93 0 0 0 0 5 3 4 4 5 19 12.5 25.0 40.6
12 4 4 大槻 寛徳
宮 城/40/85
S1 3.92 110.60 1 0 0 0 8 1 7 2 1 15 28.0 36.0 40.0
12 5 渡部 哲男
愛 媛/39/84
S1 3.92 113.11 0 0 0 0 10 2 9 3 4 11 33.3 44.4 59.2
13 5 6 小川 真太郎
徳 島/26/107
S1 3.92 107.00 0 4 2 8 2 0 5 7 0 20 15.6 37.5 37.5
8 7 古性 優作
大 阪/28/100
S1 3.92 114.44 3 5 1 5 3 0 7 2 4 6 36.8 47.3 68.4
12 6 8 桐山 敬太郎
神奈川/37/88
S1 3.92 109.08 1 6 0 6 1 3 6 4 3 10 26.0 43.4 56.5
12 9 志智 俊夫
岐 阜/46/70
S1 3.93 111.65 1 0 0 0 11 1 7 5 5 10 25.9 44.4 62.9
並び予想
7まくり 1追込 9追込 2まくり 4追込 8まくり 3追込 6逃げ 5追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

地元の古性が得意の中団捲りで締めくくる。安定感ある椎木尾が番手。脚を溜める山崎の大捲りは互角以上の好勝負だ。

天候 晴/風速 2.7m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 7 古性 優作 11.2
2 1 椎木尾 拓哉 3/4車輪 11.1
3 9 志智 俊夫 2車身 11.2
4 8 桐山 敬太郎 1/4車輪 11.8 B
× 5 2 山崎 芳仁 3/4車身 11.0
6 5 渡部 哲男 3/4車輪 11.7
7 3 中村 浩士 3/4車身 11.9
8 6 小川 真太郎 1/8車輪 11.8
9 4 大槻 寛徳 1車輪 11.0 S

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

1=5
420円(1)
2

1=7
440円(1)
3

1=7=9
650円(1)


1=7
200円(1)
1=9
460円(5)
7=9
450円(4)
5-1
630円(1)
7-1
560円(1)
7-1-9
1,160円(1)

戦い終わって

戦い終わって写真

 地元の古性優作が最終日にようやく意地の白星を挙げた。後ろ攻めを選択した小川真太郎の動きを待たず赤板から先に動いて誘導員を降ろすと、小川ラインを受けて3番手をキープ。一旦、外に浮く形となった桐山敬太郎がカマシを放つと残り一周で5番手の位置に。最終2コーナーから巻き返しに出たが車の進みが悪く前の煽りを受けて苦しい展開となったが、小川を大きく張った中村浩士の内を判断良く踏み込み華麗にすり抜けた。
 「自分が思っていたレースというか、やりたいレースにならなかったしできなかった。ほんまにたまたま勝ててたまたまラインで決まった感じですね。赤板で先に切ろうって感じでもなかったし結果的に動いた感じ。最後は昨日と全く一緒の感じで前が膨れて。でも今日は吸い込まれるように内にいけた。正直、新ルールに対応し切れずに終わってしまった感じですね。地元で連日、人気になってましたけど、応えることができず、裏切り続けてしまって。力不足も感じましたし、練習も含めて色々と見直します」
 椎木尾は懸命に古性を追い掛けて2着に入線。
 「きつかったですね。ちょっと離れ気味になってしまったし、最後の判断も難しかった。もう少し余裕があればいいんでしょうけど…」
 奇襲のカマシを放った桐山であったが、ゴール寸前で末を欠いて4着に沈んだ。
 「あのまま(小川が)踏めばあの位置(古性ラインの後ろ)に入れたけど、踏まなかったから浮かされると思って。最終ホームが向かっているから前が緩んだ所で叩ければと。でもきつかったですね。まだ新ルールに対してこれだってものが見つかっていないし、探り探りやっていくしかない」

ページの先頭へ戻る